根管治療は難しい治療の1つ

院長あいさつ

どこの歯科医院でも根管治療自体は頻繁に行われていますが、アメリカでは歯内療法専門医が存在するほど難しい治療の1つとされています。その理由は、根管の構造が複雑であること、しかもその複雑さを肉眼では確認できないことにあります。

院長あいさつさらには、目に見えない細菌を的確に除去しなければ再発につながってしまうということも、この治療の難しさです。実際、マイクロスコープがなかった時代には、感染物が取り残されてしまったことによって再治療が必要になるケースが多発していました。

成功率の高い根管治療を受けるためには「保険治療の限界」を知った上で「ご自身にとって必要な治療、最良の治療は何か」についてお考えいただくことが大切だと思います。

従来(保険)の根管治療との違い

不十分な状態というのは「患部が取りきれていない」「薬液が根管の先まで詰められていない」といった状態や「治療跡が根の先から飛び出てしまっている」状態です。こうしたことが生じる原因は、保険で行う治療の限界です。では、保険治療と自費治療ではどんな違いがあるのでしょうか?

従来(保険)の根管治療との違い見えなかった部分を確実に見える状態で治療する
保険治療では、見えないところを手の感覚だけで治療するしかないので、どんなに丁寧な治療をしたとしても不確実な治療となってしまいます。ですが、マイクロスコープを使用した精密治療であれば、根管の中までしっかり把握した確実な治療を行うことができます。

歯科先進国のアメリカでは、マイクロスコープを用いた治療が義務付けられています。しかし、マイクロスコープなどの精密機器は非常に高価であり、多くの医院では保険治療にまで導入するのは難しいと言えます。

従来(保険)の根管治療との違い治療にかけられる時間が違う
保険治療の場合には、治療にかけられる時間が短くなります。真剣に治療をしようと思えば思うほどコストがかかってしまい、赤字になってしまうのです。そのため多くの医院では採算が取れず、やむを得ず十分な治療を行うことができなくなっているのが現実でしょう。

従来(保険)の根管治療との違い使用できる機材・材料が違う
十分な治療を行おうとすると、扱う歯科材料や器具も高価となります。たとえば根管治療のあとに詰め物や被せ物をする際には、隙間なくきっちりと接合することが再発を防ぐことにつながります。ですが、その接合に用いる材料も、保険治療で使用できるものは限られていて、高品質の物を使用する場合は自費治療となります。

優れた根管治療で歯を守るために

成功率の高い根管治療アメリカでは、根管治療の重要性の捉え方がとても先進的です。「根管治療は高い技術を要する治療」という考えが浸透しているため専門の歯科医師が存在し、その社会的地位も高いと言われています。これに対して日本の場合は、根管治療への考え方がガラパゴス化している傾向にあります。

医療保険制度は、広い意味ではとても優れた制度です。ただし現在の歯科医療は、その他の医療から逸脱されているという現実があります。歯は、人が生活していくために必要不可欠な身体の一部であるにも関わらず、人間ドックの項目にも入っていないのです。

当院では、根管治療の重要性をご理解いただき、日本でも安全で質の高い自費での根管治療が受けられることを、1人でも多くの患者さまに知っていただきたいと考えています。

当院の根管治療の実績・データ

YIC Endo Data

上記の数値は、当院の根管治療の実績データです。根管治療後、完治または治療経過が良好なケースは、実に71.3%となっております。また、根管治療後の経過日数が浅く、画像が判断できないケースや途中で未来院となったケースは23.2%、根管治療後に根尖性歯周炎など、歯根炎症の拡大が認められたもの、または抜歯になってしまったケースは5.45%です。

まずは、お悩みをご相談ください

0120-1-46184カウンセリングをおこなっております

THE IMPLANT TOKYO アクセスマップ
岩本歯科医院 Iwamoto Dental Clinic アクセスマップ

0120-1-46184