歯科医療における感染対策の重要性

感染対策の重要性

人の口腔内にはさまざまな細菌が多く存在し、その細菌数は排泄物と同等と言えるほどです。また、重大な病気を患っている方の血液や唾液、歯の削りカスなどが、歯科治療に用いる器具を介してほかの人に接触するようなことがあれば、深刻な感染症を引き起こしてしまう可能性もあります。

感染対策の重要性万が一にもそのようなことが起こらないようにするためには、小さな器具の1つひとつにまで、しっかりとした対策を施すことが重要です。特に歯科医療では、出血を伴う処置も少なくありませんので、血液中のウイルスに対する十分な対策が必要だと考えます。

とはいえ、徹底した感染対策を行うには手間もコストもかかるため、歯科医院によって、その対策レベルには大きな差があると思われます。そんな中でも当院では、患者さまの安全と安心に努めることをポリシーとして、最高峰の滅菌・消毒設備を導入。徹底した感染対策を行っています。

一人ひとり専用の器具を完全滅菌

一人ひとり専用の器具を完全滅菌インプラントにも精通している当院では、インプラント手術にも通用する技術や機器の使用を根管治療にも活かした感染対策を行っています。

インプラント手術時には口腔内からの出血が起こりますので、その感染のリスクは非常に大きいものですが、根管治療においても、細菌の流入は確実にシャットアウトする必要があります。なぜなら、細菌の流入は、根管患部の再発リスクを高めてしまうからです。

そんなリスクを排除するために、当院ではタービンやバーに至るまで、どんな小さな器具でも、患者さま一人ひとり専用に滅菌パックされた器具を用いています。器具の洗浄・滅菌をせずに使い回すようなことは一切ありませんのでご安心ください。
 

専用の消毒・滅菌室と高水準の滅菌機器を導入

タービンやバーは専用の消毒・滅菌室にて、高圧ジェット噴射「ミーレジェットウォッシャー」で一気に洗浄。さらに、ハイパワーのクラスB滅菌器「リサ」で滅菌したあと、専用の滅菌パックに梱包します。

歯科用器具 洗浄・除菌システム/ミーレジェットウォッシャーG7881・G7831ミーレジェットウォッシャー
歯科用器具を一度に洗浄・除菌できる装置です。手洗いでは行き届かない細かい部分も、スプレー洗浄によって高い洗浄効果を発揮します。

診療用機器 滅菌・洗浄関連器材/リサリサ
小型滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい基準をクリアした、クラスBオートクレーブです。これまでの歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しく、医科で使用されている大型滅菌器の規格(EN285)に準じ、歯科で使用できるようにコンパクトに開発されたオートクレーブです。

まずは、お悩みをご相談ください

0120-1-46184カウンセリングをおこなっております

THE IMPLANT TOKYO アクセスマップ
岩本歯科医院 Iwamoto Dental Clinic アクセスマップ

0120-1-46184