神経を残す治療とは

神経を残す治療

神経近くまで及んだ大きなむし歯に対して、歯の神経を残すために有効な治療法として、当院では「直接覆髄法(ちょくせつふくずいほう)」を採用しています。

神経を残す治療これは、むし歯を完全に取り除き、封鎖性と生体親和性を併せ持つセメント(MTA)で、神経が露出してしまった部位を封鎖する方法です。歯の神経の上にセメントを直接置くことから「直接覆髄法」と呼ばれています。

ただし、歯髄の発症度合によって、この方法が適用できない場合もあります。

神経が残せない場合は精度の高い根管治療が最有効

精度の高い根管治療が最有効歯を守るためには、できる限り神経を取らずに残すことが望ましいと言えます。しかし、むし歯が神経まで及んでしまった場合には「取るしかない」というのが現実。そのため、大切なのは「本当に残せない状況であるか否か」を正確に診断することと、除去する場合の「取り方」です。

神経を除去する場合、再発のリスクを抑えるためには、取り残しのないきちんとした処理が必須です。だからこそ、医師の勘に頼った処置ではなく、マイクロスコープを駆使した、精度の高い治療が必要なのです。

根管治療は多くの歯科医院で行われいていますし、保険適応で処置してくれる医院もあるでしょう。しかし、もしもそれが「何度も再治療を繰り返すことになる治療」だとしたら、それは果たして本当にご自身のためになることか否か、治療を受ける前にもう一度よくお考えいただきたいと思います。

まずは、お悩みをご相談ください

0120-1-46184カウンセリングをおこなっております

THE IMPLANT TOKYO アクセスマップ
岩本歯科医院 Iwamoto Dental Clinic アクセスマップ

0120-1-46184