再根管治療の成功率が低い理由

再根管治療の成功率が低い理由

根管治療は、再治療という形でのリカバリーが可能ですが、再治療においては、最初に治療したときよりも成功率が下がります。あるデータでは、最初の根管治療の成功率が90%以上であるとされているのに対し、再治療の成功率は約60%とされています。

最初の治療で根管が複雑化
再治療の成功率が低くなってしまう理由は、最初の根管治療によって根管の形がさらに複雑になってしまい、治療が困難になっていることが挙げられます。もともと複雑な根管が不適切な治療や不完全な治療でさらに複雑になると、治療器具が到達不可能な部分が多くなります。

また、感染が長引いている分、住み着いている細菌の種類やバランスが変わってしまうことも、成功率低下の理由の1つ。さらには、根管の先端から突出した細菌が、根管内からアプローチ部分(根の表面など)にまで広がり、根尖孔外感染を引き起こすケースもあります。その場合には、外科的歯内療法の処置が必要となります。

外科的歯内療法についてはこちら

根管治療を繰り返すと歯が薄くなる再根管治療の成功率が低い理由
根管はもともと直経1mm以下と非常に細く、しかも硬くなったり歪曲していたりする部位です。根管治療では、その細い根管の壁をファイルやリーマーといった小さな器具で少しずつ削って患部を除去し、全体をきれいに清掃します。

再治療をするためには、まず現在入っているクラウンやコア(歯内療法後にクラウンを入れるために歯の中に入れる芯)を除去しなければなりません。その上で、根管内部の患部を除去していくのですから、何度も再治療を繰り返すと歯が薄くなってしまい、再治療自体が不可能となってしまうケースもあります。

また、度重なる根管治療で歯が全体的に薄くなっている場合、再治療自体は成功しても、クラウンを被せてお口の中で機能させたときに破折が起きてしまうケースも。そういったリスクを回避するためには、最初の根管治療の時点で、マイクロスコープ等の機材や医師の技術が整った環境で専門的な治療を受けることが大切なのです。

当院では、マイクロスコープを活用することで患部の洗浄や充填の精度を高めています。根管治療の再治療はもちろんのこと、再度の根管治療が不可能な難症例には、外科的歯内療法にも対応していますので、お困りの際は遠慮なくご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

0120-1-46184カウンセリングをおこなっております

THE IMPLANT TOKYO アクセスマップ
岩本歯科医院 Iwamoto Dental Clinic アクセスマップ

0120-1-46184