歯根破折とは?

歯根破折とは?

歯根破折(しこんはせつ)とは、歯を支えている根の部分にひびが入ったり歯が割れたりした状態を言います。このような状態の歯は、ひびを伝ってお口の中の細菌が内部に入り込むため、ひび割れに沿って炎症が起こり、支えている骨が溶けて歯ぐきも腫れてきます。発見が遅れれば抜歯となるケースがほとんどです。

歯根破折の原因
歯根破折を起こすのは、そのほとんどが神経を失っている歯です。歯の神経を治療するために歯の噛み合わせ部分に大きな穴が空いているので、歯の強度が弱くなります。また、神経を失った歯は枯れ木と同様で、歯質がもろくなり割れやすくなってしまいます。

また、大きなむし歯などで神経を失った歯は、被せ物(クラウン)によって形が整えられ、支柱となる土台(コア)によって支えられています。通常、この土台には、硬くて丈夫な金属が用いられますが、その「金属の硬さ」が仇となり、日々の咀しゃくによって周囲の柔らかい歯質部分が削られ、歯根破折を起こすこともあります。

さらには、歯ぎしりや食いしばり、噛み癖といった悪癖が、歯根破折の原因となっているケースもあります。

まずは、お悩みをご相談ください

0120-1-46184カウンセリングをおこなっております

THE IMPLANT TOKYO アクセスマップ
岩本歯科医院 Iwamoto Dental Clinic アクセスマップ

0120-1-46184