CT(Computed Tomography)

CTCTは、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で断層写真を得ることができる装置です。その中でも「歯科用CT」は、近年開発された「歯科に特化したCT装置」で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています。

主に、インプラントや親知らずの抜歯、根管治療などに用いられますが、耳鼻科領域(蓄膿症など)にも応用されることがあります。三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。

マイクロスコープ

マイクロスコープ マイクロスコープは、肉眼では見えないほど小さな患部でも拡大して確認できる電子顕微鏡です。ミクロン単位の部位でもしっかり拡大して目視できるほか、患部をライトで照らすこともできるため、細く暗い根管の奥まではっきりと見ることができます。

精度の高い根管治療を行うには、もちろん経験や技術が必要です。しかし、その経験や技術を発揮するためには、患部を目で確認できることが重要なのです。担当するドクターはマイクロエンド(マイクロスコープを使用した根管治療)の専門家です。患部をしっかり目視して、より安全で正確な治療をご提供します。

ラバーダム

ラバーダムラバーダムとは、根管治療などの際に歯に装着するゴムのコートのようなものです。治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐと共に、根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護し、リーマーやファイルの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。

ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイルファイルは、根管治療や抜髄(神経の治療)の際に用いられる針状の器具で、側面がやすり状になっています。根管内でファイルを掻き上げることによって、汚染されて壊死した歯周組織や死んでしまった神経を除去します。

ニッケルチタンファイルは、従来のステンレス製のファイルと比べて弾力性に優れている点が特徴。そのため、根管の形態に追従した根管形成ができる(段差ができにくい)とされています。ただし折れやすいのが弱点であり、治療には細心の注意と治療技術が必要です。

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)

MTAMTAは、1993年に米国で開発された歯科用の水硬性セメントで、強アルカリ(pH12)による殺菌作用、組織を刺激することによる硬組織形成作用があるため、覆髄やパーフォレーションリペアなどに使用されています。
(※ほとんどの細菌はpH9.5で死滅すると言われています)

諸外国では1998年以降、むし歯や歯科治療によって歯の底に穴があいた場合や歯にひびが入ったときなどに用いて実績を挙げています。日本でも、2007年に覆髄材として薬事認可されました。ただし、根管治療のリペア(空洞の修復)に使用する場合は、今現在の日本では「厚労省の認可のない治療法」となってしまうため、自費治療扱いとなります。

まずは、お悩みをご相談ください

0120-1-46184カウンセリングをおこなっております

THE IMPLANT TOKYO アクセスマップ
岩本歯科医院 Iwamoto Dental Clinic アクセスマップ

0120-1-46184